読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mode Messager

デザイナーやクリエーターの想いを心を込めて伝えていきます。

Viktor&Rolf 世界で唯一無二のインスタレーション

f:id:yuukiogura09:20160621192259j:image

真っ白なピカソな世界

   銀座にあるDover Street Marketの一階のイベントスペースで、アムステルダムが生んだ天才デュオ、VIKTOR & ROLFが手掛けた、16年春夏オートクチュールコレクションを先日見にいきました。

   7月7日までやっているのこのインスタレーションは、決して皆様が想像するような、広いスペースでゆったり観る展覧会ではありません。しかし、窓越しからみても存在感のある、彫刻のような作品は、銀座にいるなら必ず足を運ぶべき。世界中でここでしか見れないのだから尚更だと思いました。

   コレクション名「パフォーマンス・オブ・スカルプチャーズ」の通り、芸術家パブロ・ピカソをイメージしたことは、並べられた作品を見れば一目瞭然でした!

f:id:yuukiogura09:20160621192335j:image

   トーテムポールの様な作品はもはや洋服ではなく、布で作った彫刻以外何者でもありませんでした。

f:id:yuukiogura09:20160621192518j:image

白い空間に白い作品の中にいる象の彫刻も、このインスタレーションの世界観には欠かせない存在でした。ピカソキュービズムアブストラクトの後ろにズシっとした佇まいの白い象がやけにリアルで、そのギャップに少し恐怖を感じました。白はピュア、雲、夢などポジティブなイメージがある反面、私はどうしても死も連想してしまいます。少し言葉が強すぎかもしれませんが、終わりのない、果てしない空間というのでしょうか?だからかもしれません。このインスタレーションがとても力強く感じるのです。

f:id:yuukiogura09:20160621204639j:image

 f:id:yuukiogura09:20160621204903j:image

洋服であり、彫刻でもあり、さらにこの空間の作り方によって、生と死をも想像させるこのインスタレーションは、まさしく唯一無二だと感じました。

初ブログです。Mode Messagerとして。

はじめまして。

Mode Messager (モードメサジェ)です。

 

モードメサジェは私が勝手に作りました言葉で、きちんとしたフランス語ではないのですが。一応意味としては、ファッション伝達人になります。

f:id:yuukiogura09:20160610203948j:image

私はニューヨークのパーソンズという美術大学でファッションデザインの勉強をいたしました。小さい頃からアメリカの文化に触れ合うことが多く、高校/大学とアメリカで過ごして参りました。

帰国して就職と思ったのですが、人の下に着くのが苦手な私は就職せず、バイトをしながら、ひたすら洋服を作ってきました。その勢いで、ブランドを立ち上げ、早いもので今年で6年目になりました。

ただ、今はコレクションを停止してます。それは日本のファッション業界に今、とても疑問を抱えていて、同時に自分の作る商品を好きになれませんでした。自分のやるべきことと、求められることが、一致せず、何を作っても納得出来ず、やむなく休止という選択をしました。

2016年に入って、フリーランスの身になった私は、違う角度からファッション業界を見れる立場になりました。そして一つの問題に辿りつきました。

『きちんとしたモノづくりをしているブランドが埋もれてしまっている。』

それは何故なのか? それは消費者の購買意欲から、バイヤーの育てる姿勢、販売員の知識、ジャーナリストの伝達方法、デザイナーの方針のブレ、工場の工賃の値上げ、など、すべてがボタンのかけ違いをしているからなのです。誰のせいでもない。時代が混乱していると感じました。

私は何もできませんが、モノづくりを大切にしている人と、ファッションを愛している人へ、大切な想いを伝えていけたらと思い、苦手なブログを始めることにしました。頻繁ではないですが、ブランドについて、展示会について、お店について、工場について、書いていければと思います。

 

不慣れですが、よろしくお願いします。